shoei

ホーム/shoei

About shoei

この作成者は詳細を入力していません
So far shoei has created 12 blog entries.

新会社の登記が完了、営業室を設置しました

「株式会社コンストラクションサポート藤井」としての登記が完了いたしました。 2月1日には新会社として初めての社内会議を実施しました。代表取締役及び会長、そして阿部孝新副社長や新取締役からの挨拶がありました。菊田寛代表取締役からは「本日を契機に一回り大きくなったこの会社で協力していこう」との挨拶がありました。 同日中に関係書類を法務局に提出し、昨日2月8日登記が完了いたしました。 合併により藤井測量設計の社員が新たに仲間となり、社員も測量士の有資格者も多くなりました。加えて同時に2名が新たな仲間となり、RCCMや気象予報士の資格所有者が増えました。 本社社屋の位置は変わりません。2階に事務所(執務室)があるのも変わりませんが、1階に営業室ができ、阿部副社長をはじめ計5人が在中しています。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 菊田代表取締役の挨拶の様子 [...]

2024-02-14T23:19:01+09:002024.02.09|News|

年末年始の休業について

弊社では、令和5年12月29日(金)より令和6年1月3日(水)まで年末年始の休業となります。新年は1月4日(木)より営業いたします。 ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

2023-12-26T16:59:53+09:002023.12.26|News|

測量研修を行いました

10月24日(火)、TIアサヒ株式会社様をお招きし、ドローンを活用した最新式のレーザー測量機器の研修会を開催しました。 TIアサヒ株式会社は関東に本社があり、測量機やソフトウエア等の設計・開発から、製造、販売等行っている会社です。 実際にドローンレーザー(UAVレーザー測量システム UL-2)を使った測量の実演を見学しました。UL-2は飛行が非常に安定しており、手動または事前に作成したコースに従って自動操縦で空を飛びながらレーザー測量ができます。 また、同時にハンディスキャナGS-1のデモも行われました。GS-1は人間が手で持ち歩きながら地上から測量ができます。 これら空からと地上からの測量機器を組み合わせて、より正確な情報を得ることが可能になります。 午後からは、場所を室内に移し、午前中に撮影した測量データをもとに、取りまとめる実演が行われました。どちらのデータも3D画像にされ、木の種類までもわかるくらいのデータになります。参加した社員からは様々な質問が出され、TIアサヒ株式会社の社員が丁寧に答えていただきました。 今後、今回の研修を生かして、当社の測量業務をさらに推進していきます。 [...]

2023-11-04T00:28:40+09:002023.10.27|News|

令和5年度「ごみのポイ捨て禁止運動秋季街頭啓発及びごみ拾い」に参加しました!

10月1日(日)、旭川市主催の令和5年度「ごみのポイ捨て禁止運動秋季街頭啓発及びごみ拾い」、上川設計協会の一員として参加しました。開始前後に雨が降るなどあいにくの天候でしたが、総勢で1500人を超える参加者が市内中心部のごみ拾いを行いました。 高校生の参加もあったり、当社でも家族連れで参加した社員もいたりで、子どもたちや若い世代もたくさん参加していました。こういった活動が一般市民に、特に若い世代にも根付き、街がきれいになっていくといいですね。 [...]

2023-10-06T10:50:54+09:002023.10.04|News|

ドローンレーザーの研修を行いました

9月28日(木)、TPホールディングス株式会社様をお招きし、ドローンを活用した最新式のレーザー測量機器の勉強会を開催しました。TPホールディングス株式会社は大阪にあり、測量機器の販売、サポート、メンテナンスを行っている会社です。 当日は朝から曇りで雨が心配されましたが、午前中は何とか持ちこたえ、屋外で最新型機器の実演を見学することができました。 実際にドローンレーザー(SKY-Mapper MarkⅡ)を使った測量や、LIDAR SLAMレーザー技術を使用したバックパックタイプの地上型機器(LiBackpack)を使った測量実演を見学しました。SKY-Mapper MarkⅡは非常に迫力があり、レーダーを使って空から測量ができます。LiBackpackは背負ったレーダーにより地上から測量ができます。共にすぐに3D画像にされ、パソコン上で見ることができます。その様子に参加者からは驚きの声が上がりました。様々な質問も飛び交い、TPホールディングス株式会社の社員により一つ一つの質問に丁寧に答えながら、それぞれの機器の特徴を説明していただきました。 午後からは、場所を室内に移し、午前中に撮影した測量データをもとに、取りまとめ方法を学ぶセミナーが行われ、参加者たちは今後の新たなSKY-Mapper MarkⅡやLiBackpackを使用した新たな測量法の研修を行いました。 今後今回の社員研修をもとに、当社の業務である基準点測量や、用地測量等の業務、家屋調査、立木調査等の補償業務等にどのように活用できるかを精査していきます。 [...]

2023-10-05T11:49:20+09:002023.10.03|News|

インターンシップが終了しました

札幌支店で実施していた室蘭工業大学の学生2名のインターンシップが終了しました。 両学生との非常に頑張り、指導にあたった社員たちも、口をそろえて「学生のおかげで助かりました」と話しています。 弊社で作成したインターンシップ報告書から2人報告・感想等を抜粋して記します。(一部主旨を変えず、編集しているところがあります) 社会人や大人になってからこそ今まで以上に人と人の繋がりや関係性が重要になってくる。 ただ仕事するのではなくお客様とコミュニケーションをしっかりとってお客様が何を重要視していて、どんな優先順位を持っているのか知ることが大切。 技術者は技術だけではなく営業力も必要。 新聞を読むなどして見分を広め知識を蓄えることが大切。 社会人になってからはより一層徹底して挨拶と約束を守ること、守る努力をすることが大切。 [...]

2023-09-22T19:15:41+09:002023.09.21|News|

札幌支店でアスベスト分析資格大量合格!!

先日、日本作業環境測定協会主催の石綿分析技術評価事業の資格試験の発表がありました。当社札幌支店の5名が「評価区分1:JIS A1481-1」に見事合格しました(うち1名は継続)。 この方法は、実体顕微鏡と偏光顕微鏡を用いて石綿の形態や光学的特性を観察し、建材製品中や原材料中に含まれる石綿含有の有無を判定するものです。また、仕上塗材などの層状の試料の場合は、どの層に石綿が含有しているかを調べる層別分析も行います 5人は、当社の角田札幌支店長や高橋係長などの指導を受けながら、アスベスト分析を学習し、試験で合格を果たしました。その中で工藤さん、小泉さんの2人は、同時に「石綿繊維の計数技術(評価区分4)」にもAランク合格を果たしました。 今回の合格で、当社では合計8名の「評価区分1:JIS A1481-1」合格認定者、「石綿繊維の計数技術(評価区分4)Aランク合格者」は4名となりました。 今後も当社では、お客様のニーズに合わせた石綿分析業務を推進して参ります。 写真 [...]

2023-09-19T23:42:15+09:002023.09.19|News|

インターンシップ最終週に入りました

室蘭工業大学の学生2名が札幌支店で実施しているインターンシップは、3週目が終わり最終週に入っています。 両学生との非常に頑張っています。 3週目はこれまでのように、2名が同じ業務を行うのではなく、1名がアスベスト関係の書面調査を行い、もう1名はアスベストの分析の業務を頑張っています。日にちは異なりますが、2名とも作業環境測定の現場での手伝いも経験しました。 様々な経験を積み、将来の職業選択の参考になればと思っています。 [...]

2023-09-12T13:44:19+09:002023.09.12|News|

インターンシップが2週目が終わりました

8月21日(月)から札幌支店ではじまったインターンシップですが、3週目に入っています。3週目からは室蘭工業大学の学生が2名が頑張っています。 2週目の様子をご報告します。 北見工業大学の学生を含めた3名すべてに、統括部長、札幌支店顧問、主幹からの講話を実施しました。統括部長は現場でどのようなことが行われているかの話、札幌支店顧問は社会人としての姿勢に関わる話、主幹は土木や建設コンサルに関する話や現場の判断の重要性を話しました。学生たちは熱心に話を聞き、積極的に質問をしていました。 また、若手社員3名との座談会も行いました。アイスブレークから始まり、その後は、弊社の魅力、あなたにとって仕事とは、仕事をするうえで心がけていること、社会人として必要なスキルなど、テーマに沿って社員が話す形としました。もちろん学生からも質問がたくさん出ました。入社後必要なスキルは? 入社の決め手は? 入社後のギャップは? 学生の頃のことで後悔していることは? など鋭い質問がだされ、社員が回答に窮する場面も…社員の仕事以外の話も出るなど、学生には参考になったようです。 一般的な業務では書面調査をかなりやれるようになりました。また、現場にも出て経験を積んでいます。まちゃ一人ずつですが、アスベストの分析が始まっています。 [...]

2023-09-12T21:45:17+09:002023.09.06|News|

インターンシップがはじまりました

8月21日(月)より、札幌支店に3名の学生がインターンシップにきています。北見工業大学から1名と室蘭工業大学から2名の合計3名です。 期間は異なりますが、始まりは一緒ですので、今のところ3名一緒に活動しています。 初日は、まず、会社で準備した作業着に着替えるところから始まり、朝礼で緊張しながらあいさつをしました。その後、総務関係の職員からオリエンテーションや会社の説明、分析室の機器の説明を受け、角田支店長からの講話など行いました。学生たちは熱心に話を聞き、積極的に質問をしていました。 午後からは早速実務です。実際の作業入力の現場や外の現場の見学など行いました。学生にとって初めて会社というところで1日過ごす形になり、緊張の連続だったのではないかと思いますが、よく頑張っていたと思います。 当社としては、初めてインターンシップを受け入れていますので、学生たちが「コンストラクションサポートでインターンシップを行ってよかった」と思ってくれるよう対応していきたいと考えています。札幌支店の社員たちも一生懸命対応しています。 学生たちの様子については、続報を出したいと思います。 [...]

2023-09-04T07:58:26+09:002023.08.28|News|
Go to Top