業務案内

コンクリート診断

コンクリート構造物は、社会資本としてもインフラ整備等に広く使用されているとても身近なものであります。
しかし、近年は維持・管理の重要性がピックアップされており、コンクリート構造物の維持・管理の重要性がクローズアップされています。
そのためにコンクリート構造物の診断のために計画、非破壊試験等を含む調査・測定、評価、判定及び、維持管理の提案、劣化の進行予測、各種対策の効果予測などの判定が必要となります。
そこで私達は非破壊・微破壊試験を含めた以下の検査・解析を行い、自社の「コンクリート診断士」の有資格者において診断を行います。

1.ひび割れ調査、コンクリート劣化調査

コンクリート構造物のひび割れ調査、劣化調査は、コンクリート診断士が調査します。

2.マスコンクリートの温度応力解析

コンクリート構造物のコンクリートの打設・初期養生時における温度ひび割れの発現が危惧されます。このことから、 あらかじめ、温度応力解析を実施し、現設計時のひび割れ安全性(安全率)について、検証いたします。

3.アンカー埋込長測定

ブラケット、基礎工などのアンカーボルトの根入れ長測定をいたします。

ひび割れ調査、コンクリート劣化調査

マスコンクリートの温度応力解析

アンカー埋込長測定